あなたの職種・職場に合わせた体のケア方法・環境改善に特化した健康経営をサポートする会社
社員がイキイキと働ける会社作りをサポート
代表:市川塁

デスクワーカーの手指の痛み対策~オフィスヘルスセラピストからのお土産~

前回のデスクワーク-腰痛編に続き、
今回は、
⑶デスクワーク-手のトラブル編(腱鞘炎・バネ指など)

一日中、パソコンやペンなどで作業し、
手が疲れる事って、ありませんか?️

一旦 “腱鞘炎やバネ指”になると、再発を繰り返すなどなかなか治りません。
だから、予防や早めのケアが必要なんです!

今回も
タイプ別に分けて、
セルフケア方法を考えていきましょう。

手の使い方も3つのタイプに分かれます。

どのタイプに当てはまるでしょうか?

1つ目は、肘を曲げて、体の近くで作業する
①手前作業(PC)タイプ
この場合、手の甲側の腕の部分の筋肉が張ってきます。
このタイプのセルフチェック方法は、
❶手の甲部分を伸ばす痛い
❷手の甲部分の筋肉を押すと痛い があります

いかがでしょうか?

このタイプのセルフケア方法には
❶セルフストレッチ
❷セルフマッサージ    があります。

少しはほぐれてきたでしょうか?

2つ目は、肘を伸ばして、体から離れた所で作業する
②奥作業タイプ(PC)③ペン作業タイプ
この場合、手のひら側の腕の部分の筋肉が張ってきます。
このタイプのセルフチェック方法は、
❶手の平の腕の部分を伸ばす痛い
❷手の平の腕の部分を押すと痛い   があります。

いかがでしょうか?

このタイプのセルフケア方法には、
❶セルフストレッチ
❷セルフマッサージ  があります。

少しはほぐれてきたでしょうか?

いかがだったでしょうか?
ただし、手の使い方は人それぞれ。
タイプに限らず、両方とも硬さなどのセルフチェックしてみるのもおススメです。

負担は溜まるもの  午前・昼・夕方・夜などこまめなケアをお願いします(^^)/

ぜひ、お試しあれ。

次回は、【デスクワーク-足のむくみ・冷え編】です。
お楽しみに^_^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です