あなたの職種・職場に合わせた体のケア方法・環境改善に特化した健康経営をサポートする会社
社員がイキイキと働ける会社作りをサポート
代表:市川塁

デスクワーカーの腰痛対策~オフィスヘルスセラピストからのお土産~

前回のデスクワーク-肩こり編に続き、
今回はデスクワーク-腰痛編 ️

腰痛と言えば、
・仕事の生産性低下に与える症状  第1位
(2位うつ・3位睡眠不足)
・原因が特定できない腰痛 85%
・有訴率  40〜50%
・腰痛経験者 70〜80%
などなど、
突っ込みどころの多い体の不調ですが、
会社でできるセルフケア対策に焦点を当てて話を進めていきます。

なぜ腰痛は引き起こるかと言えば、
腰に負担が溜まるから(機械的負担と心的負担)。

ここでポイントなのは、少しずつ負担は溜まるという点

当たり前だろ!という声が聞こえてきそうですが、この点をちゃんと踏まえないと腰痛ケアができない。(前回の肩こりも同様)
いくら姿勢を良くしても
いくら体幹を鍛えても いくらマッサージをしても

日々の負担は少しずつ溜まり、腰痛は改善しません。
(+どんな種類の負担なのかがポイント)

だから、こまめに
仕事前・昼休み・夕方・仕事後に
3秒×5回×4頻度=1分/日 の負担・疲労解消にむけたセルフケアが必要なんです。

では、どんなセルフケアが必要なのでしょうか?

まず、デスクワーク特有の腰痛タイプに分けて考えていきます。

①丸姿勢型腰痛の特徴は、腰が丸まり、腰にまる負担が溜まること

その対策は、まる負担を腰を反らすことでこまめに解消することにあります

②反り姿勢型腰痛の特徴は、腰が反り、腰に反り負担が溜まること

その対策は、反り負担を腰を丸めることでこまめに解消することにあります

その他に会社でできることは

こめまに席を立つことや

下の写真のように椅子に腰の負担を減らす工夫をすることです

上記にも示したように1日合計1分の心がけで良いんです!
お試しあれ^_^

次回は⑴デスクワーク-腱鞘炎など手のトラブル編 です。

お楽しみに。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です