あなたの職種・職場に合わせた体のケア方法・環境改善に特化した健康経営をサポートする会社
社員がイキイキと働ける会社作りをサポート
代表:市川塁

プレゼンティーズム~腰痛編~

<腰痛が与える影響>

~体の不調が社員と会社を苦しめる~

    ①生産性の低下 仕事効率 残業増加

    ②メンタルヘルスとの関係

    ③離職

 

<腰痛ビジネスマンの声>

◎なぜ、腰痛を企業内で管理しなくてはいけないのか?
Ⅰ.職種により体への負担のかかり方が異なります。
つまり、一般的な腰痛管理では対応できない。
あなたの会社・仕事内容に合わせたものが必要
Ⅱ.患者様から言われる「職場では体操できない。
サボっていると思われる。そんな雰囲気ではない」
自分の身体より、会社の雰囲気を優先する日本人気質が腰痛を生んでいる。
そのため、個人で取り組むのではなく、会社で取り組むことが必要
◎なぜ、できるだけ早く実施した方が良いのか?
・腰痛は繰り返しながら悪化する。対策は早い方が効果的