あなたの職種・職場に合わせた体のケア方法・環境改善に特化した健康経営をサポートする会社
社員がイキイキと働ける会社作りをサポート
代表:市川塁

運送業‐自転車の体の負担~オフィスヘルスセラピストからのお土産~

前回のデスクワーク-足の冷え・浮腫みに続き、
今回は、運送業-自転車の体の負担 前編
<前編>
サドルが高い場合(身長が低い人)
サドルが低い場合(身長が高い人)
<後編>
サドルの高さの合わせ方
タイヤの大きさの選び方

サドルの傾斜・回転について
自転車の振動対策

では、<前編>はじめていきます。

仕事で自転車を利用し、夕方になると
・なんか疲れが溜まる
・腰が張る
・脚が重い
なんて事、ありませんか?

もしかしたら、
その原因は、自分の体のサイズに自転車のサイズやサドルの高さが合っていないからかもしれません

自転車のサイズと体のサイズとの関係は、
姿勢に影響を与え
姿勢は疲労の出方・筋肉の張り具合に影響を与えます。

つまり、自転車の高さ調整と疲労は関連し、対策もそれぞれに存在します!

今回は、まず
サドルが高い場合と低い場合で考えていきましょう。

ⅰ.サドルが高い場合
(身長が低い場合)

サドルが高い場合、どんな体への負担・影響が考えられるだろうか。

では、
サドルが高い場合(身長が低い)の体のセルフケアにはどんなものがあるだろうか?

次に、
ⅱ.サドルが低い場合
(身長が高い場合)
サドルが低い場合、どんな体への負担・影響が考えられるだろうか。

では、
サドルが低い場合(身長が高い)の体のセルフケアにはどんなものがあるだろうか?

いかがだったでしょうか?
あなたはどちらのタイプでしたか?

次回は、
<運送業-自転車編 後編>
サドルの高さの合わせ方
タイヤの大きさの選び方

サドルの傾斜・回転について
自転車の振動対策

です。
お楽しみに^_^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です